端午の節句ってどんな行事なの?その意味と由来とは?

日本の端午(たんご)の節句は、奈良時代から続く古い行事です。

古代中国で物忌みの月である5月の厄払いために菖蒲(しょうぶ)を用いた行事が由来とされています。

「スポンサードリンク」

 

端午の節句は何日?

 

端午の「端」とは「はじめ」を意味し、「午」は5月の初めの「午の日」を指しています。

それがやがて「午」と「五」の音が同じだったことから、5が重なる5月5日がいつの間にか「端午の日」となったんですね。

これで端午の節句の日にちの由来も分かったわけですから、
これから「端午の節句って何日だったっけ?」ってならないでしょう?

 

ちなみに、これと同じような考えから
3月3日はひな祭り
7月7日は七夕
9月9日は重陽の節句
となりました。

 

端午の節句は尚武の節句(しょうぶのせっく)とも呼ばれています

 

端午の節句は、先にも述べましたように、
もともとは薬草である菖蒲(しょうぶ)やヨモギを玉状に編んだヨモギなどで邪気を払う「厄払いの日」だったのです。

それがいつしか、「勝負」や「尚武」とかけて、
男の子の成長を願う祭りになったのです。

 

端午の節句は何をして過ごす行事なの?

端午の節句は鯉のぼりや鎧兜を飾ったり、
粽(ちまき)や柏餅を食べ、菖蒲(しょうぶ)湯に入ったりする行事です。

それぞれに意味がありますのでこれからご紹介しましょう。

 

端午の節句に柏餅をなぜ食べるの?その意味と由来とは?

柏餅についている柏の葉は、
新しい葉が出ないと古い葉が落ちないため、

子供が生まれるまで親は死ぬことがない、

つまり、家系が絶えない縁起の良い樹木とされ、

古くから神事に用いられてきたため、
江戸時代に誕生し定着していったのが「柏餅を食べる由来」です。

 

端午の節句にちまきを食べるその由来

粽(ちまき)は端午の節句とともに中国から伝わってきたもので、
中国の故事では、ちまきは「難を避ける」という意味があり、
古くから、5月5日に粽をつくって食べる習慣がありました。
それが日本に伝わりいつしか子供が無事に育つようにとの魔除けや邪気を払う意味を持つようになった食べ物です。

 

菖蒲の由来と意味

端午の節句でも重要な意味を持つのは菖蒲でしょう。
先ほども説明しましたが、菖蒲には「厄除け」という大切な役割を果たします。

「スポンサードリンク」

菖蒲は根っこは生薬、茎は血行を良くし、
葉を煎じれば腹痛の薬にもなると言われているため、
茎を細かく刻んで入れた菖蒲酒を飲んだり、
菖蒲をお風呂に入れて菖蒲湯にするといった風習があります。

 

菖蒲湯

菖蒲湯

端午の節句に鯉のぼりを揚げる意味とは?

その昔、中国では「滝を登り切った鯉は龍になる」と言われ、
鯉は立身出世の象徴だったのです。

それが、江戸の町人の間で、幟(のぼり)にしよう、という考えが広まったのが「鯉のぼり」の始まりです。

また、男の子の誕生を天に知らせる、といった意味もあります。

当時の武家では、男の子が生まれた時にのぼりを揚げるならわしが、今日の端午の節句に欠かせないものとなったのです。

鯉のぼりの揚げ方

鯉のぼりの揚げ方は上から順番に、

矢車の回転球
吹き流し
真鯉(黒色)
緋鯉(赤色)
子鯉(青)

となります。
なお、子鯉は地方によってはその家の男の子の人数分だけ増やしていくところもあります。

 

端午の節句

端午の節句

五月人形とその意味

 

五月人形は、「武者人形」とも呼ばれ、

いくさで戦い抜く武士を守った鎧や兜を飾ることによって

「子供の厄を引き受けて守る」「勇ましく育て」といった意味があります。

 

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る