土用の丑の日はいつ?|本当はうなぎじゃなくても良い?平賀源内に騙された庶民

土用の丑の日っていつなの?

むかしは立春、立夏、立秋、立冬の前のそれぞれの18日間を「土用」と呼んでいました。

なので「土用」は年4回訪れるのです。

誰もが知っているのはやはり夏の土用ですよね。

 

この夏の土用は立秋前の18日間である7月20日頃〜8月8日頃です。

この間の「丑の日」が「土用の丑の日」となるわけです。

 

今年2015年の土用の丑の日は

夏 7月24日(金)[一の丑]

8月5日(水)[二の丑]

の2回あります。

「スポンサードリンク」

 

土用の丑の日になぜ鰻を食べるようになったの?

土用の丑の日といえば、やっぱりうなぎ、ですよね?

うなぎに限らず、昔からこの時期になると暑さを乗り切るために身体に良いものを食べる風習があったようです。

 

でも、夏のうなぎって、秋のうなぎに比べるとそれほど脂が乗ってるわけでもないし、全体的にやせてますよね?

 

「うなぎの旬は秋」とも言われていますし、

とくに食べ物が豊富にある現代においては、

別にうなぎでなくても夏バテ解消できる食べ物はたくさんあるようで・・・。出来れば安上がりに解消したい(全く個人的な意見です)

 

 

夏バテ対策としてうなぎが食べられる理由は飛鳥や奈良時代に滋養強壮に良いとされていたことが起源ではないかと思います。

「スポンサードリンク」

とくに夏にうなぎを食べる風習が広まったのは江戸時代ではないか?とされています。

 

ちなみに夏バテにはイミダペプチドと呼ばれる疲労回復物質が3倍含まれた「鳥の胸肉」がもっとも効果的とも。

もちろんバランスのよい食事がベースです。

江戸時代に平賀源内がうなぎを戦略的に広めた

平賀源内

【商売がうまく行かないうなぎ屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため
蘭学者の平賀源内の所に相談に行きました。

当時、

「丑の日に『う』の字がつく物を
食べると夏バテしない」といわれ、この時期になると梅干しやうどんなどを食べる風習がありました。

平賀源内はその風習にヒントを得て、
「本日土用丑の日」という、キャッチコピーを書いて店先に貼ることを鰻屋に勧めたところ、その鰻屋は大変繁盛した。

そんな大繁盛をみた他の鰻屋がまねをはじめ、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した】

源内の戦略にまんまと大衆が引っかかった、というわけです。

 

 

ちなみに私の地元のスーパーでは、

夏だけじゃなく、土用の丑の日が年に5〜6回あることをアピールしていましたよ。

いつか、源内がやったように鰻を食べる土用の丑の日が年5回になる日もくるかもしれません。

 

 

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る