赤ちゃんへの紫外線対策はいつから?アトピーだったらどんな対策を図るべき?

赤ちゃんの紫外線対策ってそもそも必要なの?

もともと足の骨が曲がってしまう「くる病」の原因である

ビタミンD不足を補うために母子健康手帳に「日光浴」の項目があったそうですが、

それも1998年に消去され、

「赤ちゃんの紫外線対策」に変更されました。

 

「紫外線」が地球に降り注ぐ量は年々増加し、

昔のように”野性的?”に赤ちゃんを育てることはちょっと難しくなってきました。

「スポンサードリンク」

 

生まれた子が男の子であれば、

旦那様は「男の子は野性的に育てるべき」と言われることもあるかもしれませんが、

紫外線そのものがアレルゲンとなり、

紫外線アレルギーなどにかかると完治も難しいようです。

 

また、この時期に紫外線を多く浴びてしまうと後々に、

皮膚が老化しやすく(光老化)なってしまいますので

ここはちょっとご理解を頂けたらな、と思います。(我が夫に捧ぐw)

 

紫外線対策の時期や時間帯はいつ?

2つの紫外線の身体への影響について

紫外線A波(UV-A):PA

波長が長いため、窓ガラスや大気中の水分も通過しやすく、

そのため肌の内部まで浸透しやすい。

後々にシワやたるみの原因となる。

こちらのA波を防ぐ効果を示す記号にPAが用いられます。

 

紫外線B波(UV-B):SPF

波長が短いため、内部には浸透しにくいけど肌の表皮への影響が大きい。

オゾン層や雲によって遮られる紫外線はこちらのB波。

 上空のオゾン量は、日本付近では春に多く、

夏から秋にかけて少なくなる季節変化をしています。

こちらのB波を防ぐ指数にSPFが用いられます。

 

紫外線対策の時期はいつから?:

 

気象庁:日最大UVインデックスの年間推移グラフを見ていただけると分かるように

4月下旬〜9月 上旬頃がもっとも紫外線が強くなっています。

ですのでこの時期には紫外線対策を万全に!

uvi_tsu2014

 

 

 

紫外線対策の時間帯はいつごろ?:

 

グラフを見るともっとも強い時間帯は7月のもっとも紫外線の強い月で

「スポンサードリンク」

10時〜14時。ですのでこの時間帯のお出かけは生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは、なるべくならさけられたほうが良いかと思います。

tsu_ref_07 (1)

 

 アトピーの赤ちゃんならどんな対策を図る?

アトピー性の赤ちゃんの場合ですと、

日焼け止めクリームなどを塗るとお肌に合わず、アトピーが悪化することがあります。

 

っとその前に・・・

1つ誤解を解いておいて欲しいのが、

紫外線によって直接アトピーが悪化することはないということ。

 

大抵の場合、

赤ちゃんから出る汗によって発疹が悪化することが多いようです。

 

ですから、アトピーの赤ちゃんとお出かけする場合、

日中の暑い時間帯はなるべく避けるようにします。

それから、汗をなるべくかかないように薄着をしたうえで、紫外線対策を図りましょう。

 

 赤ちゃんのアトピーが悪化する日焼け止めクリームはどんなもの?

アトピーが悪化する原因は大抵の場合、

スキンケア商品に含まれる

  • 合成の紫外線吸収剤、
  • 合成界面活性剤、
  • その他添加物   などが配合されていることが原因な場合が多いのです。

 

合成界面活性剤などは、

石けんなどにも含まれていてアトピーの赤ちゃんには、

石けんを安易に使うことが出来ません。

例えば、赤ちゃんにアトピーになりやすいから、

と合成の紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めクリームを塗ったのは良いけど、

それを洗い落とすのに合成界面活性剤が含まれる石けんを使ってしまいアトピーが悪化する、

といったことがよくあります。

ですので、何も付けずに、また、紫外線の強い時間帯は避け、

対策を図るというのが理想的ではあります。

でも、どうしても出かけなきゃいけないこともあるでしょうから、

上記であげた3つの成分が配合されていないか十分、

注意しクリームの購入を検討されてみて下さいね。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る