お食い初めの準備は誰がするもの?|食器は?石はどうする?食べる順は?

お食い初めはいつ行うの?

出産祝いや命名式、お七夜やお宮参りが終わったら、

次はお食い初めです。

 

お食い初めは出産後、100日目にに行うのが一般的。

でも、地方によっては110日目、120日目に祝うところもあります。

 

この日にやらなきゃダメ!ってことはありませんので、

赤ちゃんの健康状態にあわせて計画すると良いかもしれません。

 

「スポンサードリンク」

 

お食い初めの食い延ばし:

お食い初めの日を100日目よりも先にのばすことを

「食い延ばし」といい儀式を延ばすと赤ちゃんが長生きできると伝えられている地方もあります。

具体的には、120日目以降の吉日に行うことが多いようです。

 

 

お食い初めの食器の準備は誰が用意する?|レンタルしてくれるところも

お食い初めにつかう食器は「男の子用」と「女の子用」があって、

一般的に母方の実家が贈る習慣があります。

でも、最近では、お宮参りのときに箸をもらって、

その箸と茶碗と汁碗だけをそろえて行うかたも多いようですね。

 

私の地域では「お食い初め」はそれほど盛大に行う儀式ではないので、

家族3人で、お宮参りで頂いたお箸と普段使っている食器、

それから、お庭で拾った石を使ってかなり簡易なお食い初めを行いました。

 

祝い用の食器ってどんなもの?

お椀は漆器や素焼きのものを、箸は柳の白木を用います。

正式だとお膳や器に家紋を入れます。

 

また、食器は「男の子用」と「女の子用」がありますので、

購入する際は気をつけて下さいね。(写真参照)

男の子用は朱塗り

okuizomeotokonoko

 

女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗り

「スポンサードリンク」

okuizomeonnnanoko

なお、地方によっては色が逆のところもあるので、

購入する際はお店に聞いてみると分かるようです。

 

また、購入せずレンタルも出来るようですがちょっと高いかなぁ。

ダスキンのレントオールだと3日間で5400円ですが、

10000円前後で販売もしてます。

 

なお、漆器は実用的でないため、

新品の離乳食用の食器で代用する家庭も結構いらっしゃいます。

新品とありますが、一応、御祝いの儀式ということでせめて新品を、といった考えの方が多いようです。

 

 

お食い初めの献立

祝い膳の献立は一汁三菜が基本。

  • 尾頭付きの魚
  • 焚き物、
  • 香のもの
  • お赤飯
  • 汁物
  • 歯がため石  を準備します。

 

歯固め石って何?どこで手に入る?

歯固め石は子供の歯が石のように固く丈夫になるようにとの願いを込められています。

この小石は河原などで手に入るものでも良いですし、

お宮参りのときに氏神様から頂くこともあります。

 

赤ちゃんがお食い初めの祝い膳を食べる順番は?誰が食べさせる役をするの?

食べさせ役は、祖父母や親戚など、長寿の人にお願いします。

男の子の場合、母親が赤ちゃんを左膝の上に

女の子の場合、父親が右ひざの上に抱きます。

家族のみで行う場合、パパやママが食べさせる真似をすれば良いでしょう。

 

赤ちゃんに食べさせる順ですが、

  1. ご飯
  2. 汁物
  3. ご飯

この順に3回食べさせるまねをします。

赤ちゃんはこの時期、離乳食であっても食べさせるにはまだ早いので、

このうちのどれかひと粒でも食べると儀式として成立するようです。

 

次に歯固めの儀式の方法ですが

歯がため石にお箸をつけて、

つけたお箸の先を赤ちゃんの歯茎にそっと付けます。

 

これだけです。

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る