正月太りの原因と対策

新年の準備をそろそろ進めていこうと考えております。
正月はどうしても「寝て・食って・飲んで」が多くなりますよね。
結果「正月太り」というものに毎年なるのですが、そもそもなぜこう言われるのか?
少し気にもなったので調べてみました。

そもそも正月太りの原因はなんでしょう?

それは言わずもがな、「食べ過ぎ」るからです(笑)
正月は休みもあり、年末から年始にかけ、おいしいものをたくさん食べる機会が多いですね。
地元に戻り、久々に会う友人たちと年越しをする。
寝て起きたら御節料理やお酒を昼から食べて飲んでというサイクルでしょう。
「食べて、飲んで、寝て」の繰り返しですから、太るのも当然といえば当然です。

実は「食べる」だけの行為ではそう太らないようです。
ではなぜか?
これには「不規則」な食事生活というのが絡んできます。
休み中なので、どうしても不規則な毎日となり、摂取する量は増え、かつ動く量は減る…
というのが負のサイクルなのです!
もっと細かく言うと、「脂肪がついて太る」というよりも、「浮腫んでしまって太る」というのに近いようです。
動かないとリンパの流れが悪くなるためにこうなります。
では正月太りにならないようにするには?

「スポンサードリンク」

 

正月太りの対策は?

男性でも女性でも、まず食べる物の管理をしていくことです。
外食の味付けは家庭料理より濃く感じますよね?
これは塩分などの調味料をたくさん使い(もちろんそうでない店舗もありますが)、味を濃く、おいしく感じてもらえるようにしているのです。
同じように御節料理も味が基本的に濃いことが多く、塩分や砂糖などを多く使用しています。

年に一度のことなので、この料理を食べるのはもちろんいいのですが、量などを管理していくことが大事です。
管理さえしていれば食べ過ぎなどを避ける事ができ、正月太りをある程度抑えることができます。
例えばですが、毎日飲んで食ってといのは仕方ないこととしても、飲んだ翌日は軽めの物にするとか、
代謝を上げてくれる生姜などを積極的に採るなどしてはどうでしょうか?

さらにもう一つ大事なのは、適度な運動です。
むくまないようにするためにも、やはりある程度動くようにする必要があります。
簡単に言うと、正月は食事と運動バランスが一番不規則になる時期なのです。
例えば初詣や親せき回りなど、外出する機会は多くなると思うので、
歩く機会も当然多いはずですよね?
これを意識して、一駅分歩いてみるとかすればいいかもしれません。
もっとも、同じ量食べると変わらないでしょうが…。

もちろん、「それができたら苦労しないよ…」と思うでしょうが、
意識するだけでも違うと思います!
不要な肉がついてしまう時期だからこそ、ちょっとした意識で変わることもあると思いますので、
準備と対策をしていい新年を迎えましょう!

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る