赤ちゃんが下痢かどうかの見分け方はこれで解決!|0〜6ヶ月までの診断

産まれて1〜2ヶ月の赤ちゃんのウンチはユルユルで水っぽく、 その回数が多いと「もしかして、下痢かな?」と思われるかもしれません。

でも 1日に10回以上する赤ちゃんも結構いるんですよ。

  で、この時期の赤ちゃんのうんちの回数も多いので、

たぶん、赤ちゃんの下痢の写真をみても、なかなか下痢との見分け方が難しいかと思います。

 

      ですので、下痢との見分け方を簡単に出来るようちょっとしたポイントをご紹介しましょう。

 

赤ちゃんが下痢の場合だと次のような変化があるかと思います。

 ① まるで、水のようなので、おむつにたくさん染み込む。(おしっこと見間違うほど)

② 固形物が普段より少ない。

③ 短時間で、うんちが出てくる。(いつもより倍近くうんちの回数が多い)

④ うんちにすぐ気が付いても、お尻がかぶれてしまう。

「スポンサードリンク」

 

おおよそこの4つの全ての項目当てはまったら「生後0ヶ月〜6ヶ月までの赤ちゃんが下痢になったかどうかを見分ける」共通の判断要素です。(*^-‘*)

 

なお、風邪などを引いたあと、急にうんち(下痢)の回数が多くなったといった症状の場合、

乳糖不耐性かもしれません。その場合こちらのページを参考にして下さい。

 

ではでは、赤ちゃんが下痢かどうか判断が出来たところで次に赤ちゃんの下痢の種類と原因について考察してきましょう。

 

 

なお、赤ちゃんではなく成人の便秘解消に「腸内細菌を徹底改善し便秘を治す」方法をご紹介しているオススメのサイトはこちらです。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る