クレンジングと洗顔の正しい方法|わたしの方法が間違いだと気づいた日w

ちょっとためになるクレンジングと洗顔の関係

あなたはファンデーションをつけた日のクレンジングと洗顔ってどうされているでしょうか?

  • メイクをしっかり落とそうと丁寧に洗っている
  • クレンジングに40秒以上かかる
  • メイク落しの量をケチっているw

もしかすると、このような方法が乾燥肌やオイリー肌、シミやシワの原因になっているのかもしれません。

 

というのも今日、コンビニでふと目についたのがコレ。

「カリスマ皮膚科医 吉木伸子が伝授! 今さら聞けないスキンケアの正解」っていうタイトルの本を見つけて、ついつい立ち読みというか鬼読み?してしまったのです。

 

そこには、

「これは吉木伸子先生が私のために書いてくれたんじゃ!?」って勘違いしそうなぐらい私が常日頃、行っているスキンケアが間違っていることをズバズバと指摘。

 

「でも!今まで間違った方法でこの状態なんだから正しい方法をやればグッと良くなるんじゃない?」などとあくまでポジティブシンキング。

 

と、この日からスキンケアの猛勉強中!

 

 

クレンジングはメイクの6割程度が落ちていれば十分。残りは洗顔で落とします

ファンデーションをつけた日は、洗顔の前にクレンジングが必要ですよね?

だって油性のファンデーションは石鹸や洗顔料だけではきちんと落とせないのです。

 

そこで、油と水を溶かすための界面活性剤が含まれたメイク落しが必要です。

 

メイク落しを肌につけてから洗い流すまでの時間はなるべく短く

 

この界面活性剤は肌への刺激が強いため、

肌につけている時間をなるべく短縮させることが大きなポイント。

「スポンサードリンク」

 

目安は40秒までに終わらせるようにすること。

 

メイク落としは肌へなじませるのではなくあくまで肌表面のファンデーションのみになじませるイメージで

メイク落としは、あくまでメ・イ・ク・を落とすもの。

 

  • 肌をゴシゴシこするなどはNG
  • メイク落としを出来るだけ量を多く使い(ゴルフボール1個ぐらい)、ス〜っとなじませるように広げるだけで十分。
  • すすぎの後、ベタつきが残っていても大丈夫。すすいだ時点で6割ぐらいが落ちていれば良いと考え、あとは洗顔によって落としましょう。
  • すすいだ後、タオルでしっかりと拭くのではなく、押さえて水気を吸い取るのみ。
  • ついでにマッサージなどは厳禁。

ちなみにわたしはこれらNGを全てをやったことがある・・・・(まだ、間に合う!)

 

具体的な正しいクレンジングの方法

具体的なクレンジング方法は次のようになります。

 

  1. ゴルフボール1個分のメイク落しを手のひらにとり、
  2. メイク落としをオデコとお鼻のTゾーンになじませる(Tゾーンが最も肌が強いため)
  3. 次にほおからあごのUゾーンについたファンデーションとなじませ、
  4. 最後に一番がデリケートな目元、口元になじませます。
  5. すすぎは36℃〜37℃のぬるま湯で手早くすすぐ。このときお湯のみをかけ手でこすらないように(ベタつきが残っていても6割落ちていればOK)

 

これがクレンジングの基本中の基本。

うmm。今日から絶対に実践せねば・・・。

 

 

さて、クレンジングとくれば今度は洗顔。

次は正しい洗顔の方法をご紹介します。

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る