一般的な披露宴の流れ

披露宴の基本的な流れ、進行例

 

main_img

披露宴の基本的な流れを知っておくと、

スムーズに段取が決まるのではないでしょうか?

どのような披露宴を行うにしても、

新郎新婦は披露宴の主役であることは間違いありませんが、

”招待客をもてなしているいる立場”であることを常に意識ましょう。

では、下記に基本的な披露宴の流れをご紹介します。

「スポンサードリンク」

 

  1. 新郎新婦入場
  2. 開宴のあいさつ
  3. 媒酌人のあいさつ
  4. 主賓の祝辞
  5. 乾杯
  6. ウエディングケーキ入刀
  7. 食事スタート
  8. お色直し
  9. キャンドルサービスなど(新郎新婦再入場)
  10. スピーチ・余興
  11. 花束贈呈
  12. 新郎新婦あいさつ
  13. 閉宴

披露宴の流れ1:新郎新婦入場

招待客、両親が着席したら、司会者の「新郎新婦の入場です」の声を合図に新郎新婦が入場。

媒酌人を立てていれば媒酌人の先導で、いない場合は新郎新婦ふたりで。

列席者は拍手で迎える。

披露宴の流れ2:開宴のあいさつ

新郎新婦が着席したら、司会者が開演を告げる。

続いて司会者の自己紹介、媒酌人夫妻の紹介(いない場合は、新郎新婦の紹介)

 

披露宴の流れ3:媒酌人のあいさつ

招待客への感謝、結婚成立の報告、新郎新婦の略歴や人柄などを紹介する。

新郎新婦は起立して拝聴。

媒酌人を立てない場合は新郎または新郎新婦が開宴のあいさつ。(ウェルカムスピーチ)

披露宴の流れ4:主賓の祝辞

新郎側、新婦側の主賓が、それぞれお祝いの言葉を述べる。

新郎新婦は起立して拝聴。

「どうぞお座りください」と言われたら、目礼してすわる。

 

披露宴の流れ5:乾杯

司会者の合図によって全員が起立してグラスを持つ。

「スポンサードリンク」

出席者代表が音頭をとって乾杯。

飲めない人は口をつけるだけでも良い。

 

披露宴の流れ6:ウエディングケーキ入刀

新婦がナイフを持つ両手に、

新郎が手を添えてケーキに入刀する。

この”夫婦の最初の共同作業”は前半最大のシャッターチャンス。

新郎新婦は、にこやかな笑顔で応える(和装の場合は、鏡開きにしても)

披露宴の流れ7:食事スタート

料理や飲み物が供され、和やかに歓談しながらの会食スタート。

新郎新婦も、なるべく食べるように。

 

披露宴の流れ8:お色直し

ベストなタイミングは食事が始まって間もなく。

新婦が先に中座し、しばらくして新郎も中座。

この間、二人を紹介するビデオ上映などを行ったり、

司会者が祝電を披露したりなど、招待客が飽きない工夫を。

 

披露宴の流れ9:キャンドルサービスなど(新郎新婦再入場)

中座していた新郎新婦が再入場。

各テーブルを回り、キャンドルに火を灯しながらあいさつ。

ドラジェ(アーモンドを糖衣で包んだ菓子)などのプチギフトを配りながら回ることも。

 

披露宴の流れ10:スピーチ・余興

あらかじめお願いしてあった友人などが、

食事の合間にスピーチや余興を披露する。

新郎側、新婦側交互におこない新郎新婦は食事の手を止めて耳を傾ける。

 

披露宴の流れ11:花束贈呈など

新郎から新婦の両親へ、新婦から新郎の両親へ花束を手渡す。

この間に新婦が自分の両親へあてた手紙を読み上げる涙の演出も。

 

披露宴の流れ12:新郎新婦のあいさつ

もともとは、新郎の父親が両家を代表して謝辞を述べる。

最近では新郎新婦があいさつをするケースも増えています。

主な内容は出席して頂いたことへの感謝と今後の支援、引き立てのお願い。

 

披露宴の流れ13:閉宴

司会者が閉宴のあいさつをして、新郎新婦、両親、媒酌人夫婦は、招待客の見送りのために退場。

会場の出口に並んで招待客一人ひとりにお礼を述べて見送る。

 

 

 

 

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る