赤ちゃんの熱が38度以上になった時の対処法|けいれんをした時は?震えた時は?お風呂は?

赤ちゃんの熱が38度〜39度以上の高熱になったら、まず気をつけなければならないのは、sdfg

”熱性けいれん”と”脱水症”です。

症状としては、赤ちゃんや幼児が急に熱を出したときに、

全身がガタガタ震えてけいれんを起こし、意識を失うのが熱性けいれんです。

 

熱性の場合、かぜやはしか、突発性発疹などの感染症にかかって発熱したときに起こります。

生後6ヶ月〜5才くらいの間に起こりやすく、

一度しか起こさない子もいれば、発熱のたびに再発を繰り返す子も。

親やその子の兄弟、おじ、おば、いとこなどが子どものころに熱性けいれんを起こしたことがあるとその子も熱性けいれんを起こしやすい傾向があります。

 

また、けいれんの症状には、

てんかん、頭蓋内出血、脳腫瘍、低血糖、日射病、熱射病、激しい脱水症状

からも起こります。

いずれのけいれんにしても、つぎのような対処法をはかってください。

 

初めてけいれんを起こした時は経過時間を測定して!

熱性けいれんのほとんどは5〜10分程度でおさまり、

後遺症の心配もありませんが、

本当にそのけいれんが熱性けいれんかどうかを確認した方が良いので、

初めてけいれんを起こした時は経過時間を測定し、必ず受診した方が良いです。

というのも、

けいれんには、

  • 熱性けいれん
  • 熱のないけいれん

の2通りがあり、

もし、後者の熱のないけいれんだった場合、てんかんや他の脳の病気の可能性もあるからです。

ですから、

けいれんの経過時間をつぎのように測定した場合、すぐに病院へ行き、

診察や脳波検査を受けて下さいね。

 

  • けいれんが10分以上続いた。
  • けいれんの様子が左右非対称
  • 1日に2回以上けいれんをおこした。
  • 6才以上でけいれんをした。
  • 熱がないのに起こした。

具体的にはけいれんが起きた場合、つぎのように対処します。

けいれんを起こした時はどうすれば良い?

もし、けいれんを起こした場合、気が気でなくなるかもしれませんが、

できるだけ冷静につぎのような対処を行いましょう。

 

1:衣類を緩め、顔は横向きに

「スポンサードリンク」

けいれんを起こしたら、首回りや胸元の衣類をゆるめます。

けいれんによって吐くこともありますので、吐いた物が器官に詰まらないように顔を横向きにします。

 

2:けいれんの時間を計る

けいれんが始まった時間を測定し、10分以上けいれんが合った場合、直ちに病院へ向かってください。

 

3:熱を測る

熱性けいれんは一般に38度以上の熱を伴います。

熱がないのにけいれんを起こした場合、急いで病院へ。

 

4:けいれんの様子を見る

身体のつっぱりや震え方が左右非対称かどうかを確認して下さい。

けいれんが左右どちらかだけだったり、一方から広がっていくような時は至急、病院へ。

 

5:おさまったら全身状態を確認します。

けいれんがおさまったら、顔色や目の動き、呼吸の様子、手足の状態など、全身状態を確認します。再発防止のため、薄着にし、わきの下や足の付け根、首筋などを冷やします。

また意識がない時はすぐに病院へ連れて行きましょう。

 

 

赤ちゃんが発熱したらお風呂や毛布などで”あたためてあげる”は間違い

「熱がある時はあたためてあげるとすぐ治る」と思われているパパも少なくないようですが、一理あるにはあるんです。

むやみに熱を下げる必要はありませんが、

あたためすぎるとかえって赤ちゃんの体力を消耗させ過ぎ、抵抗力が低下してしまいます。

このように体力の消耗をできるだけ避けるために”解熱鎮痛薬”をお医者様は処方されますし、

 

また、これまで説明してきましたが、生後〜5才くらいまでは、熱性けいれんといったリスクも伴いますので、この時期にお風呂や毛布などで暖めてあげるという行為はあまりよくありません。

 

あたためてよいのは”一時的に寒気が起きるのみ”に限られます。

原則的に赤ちゃんが高熱をだしたときは”快適に過ごせる温度”にしてあげましょう。

 

 

38度以上なら脱水症にも対処して

赤ちゃんが高熱を出した時は脱水症にも気をつけて下さいね。

赤ちゃんの水分は体重の80%をも占めています。

一方、大人の場合約60%ですから、赤ちゃんの場合、大人よりもずっと多くの水分補給が必要なんです。

 

脱水症の予防を防ぐための水分摂取方法はこちらでご紹介しています。

 

なお、皮膚の弾力が無くなってきている(肌を指で押しても戻りにくい)場合は中等症以上の脱水症になっている恐れがありますので、この場合、命に関わることもありますのですぐに受診して下さい。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る