赤ちゃんが嘔吐を繰り返すわけ|脱水症のケア

赤ちゃんが嘔吐を繰り返したら

もともと赤ちゃんは胃の入り口の締りが緩いため吐きやすく、

そのため母乳をあげているときも、しょっちゅう吐き出します。

吐き出すというより、タラタラと流れ出るように飲むといった感じですね。

でも、これは溢乳(いつにゅう)というもので心配はご無用です。

「スポンサードリンク」

 

赤ちゃんは嘔吐しやすいけど、こんなときは気を付けて

  • 吐いたものが緑色だったとき

もし、嘔吐したものが緑色だった場合、腸閉塞(腸回転異常)の疑いがあるので、

ただちにお医者さんへいってください。

 

  • 何度も大量に吐くとき

吐く回数や量が多いとき、下痢や熱を伴う場合は、ウイルス性の病気かもしれません。

ウイルス性による感染が疑われるときは、下痢から始まり、

「下痢で間に合わないときは嘔吐で排除」しようとするため、

まず、下痢が伴ってないか?を確認してみましょう。

それとともに心配すべきは脱水症状です。

 

嘔吐を繰り返し脱水症状にならないようにホームケアしましょう。

ここでは、赤ちゃんが嘔吐や下痢を繰り返し、病院に連れていった後、

脱水症状に陥らないためのケアを紹介しましょう。

「スポンサードリンク」

 

  1. 吐いてから30分~1時間は何も与えず様子を見ます。
  2. 何も吐かなければ、湯冷ましや麦茶、経口保水液などを10分~15分おきにスプーン1杯分与えます。
  3. 2を3~4回繰り返し、その後、吐かないようであれば、次はスプーン2杯ずつ与えます。
  4. 3を3~4回繰り返し、その後、吐かないようであれば、次はスプーン3杯ずつ与えるといった感じで少しずつ飲む量を増やします。
  5. 吐き気がおさまり、1~2時間たった後、水分を吐かないようであれば、母乳やミルクを再開してみましょう。でも,いつもの1/3~1/2の量にしましょうね。(この際、ミルクを与える場合、いつもと同じ濃さで与えます。でないと胃腸に負担が掛かるのです。)

 

どうしてこんな水分の与え方をするのかというと、

少量ずつやらないと、また、吐いてしまう恐れがあるからです。

そうすると、吐いた分の水分だけでなく、下痢の水分も赤ちゃんの体から出ているため

水分を与えているにも関わらず、脱水症を起こしてしまうのです。

 
赤ちゃんが嘔吐をするけど受診の目安が分かりません・・・という場合

吐いた回数や量が少なく、元気であれば大丈夫です。

受診の目安は、

  • 授乳後に噴水のように吐くことが数日続く。
  • 下痢など、ほかの症状があり、嘔吐が続く。

というような症状であれば受診しましょう。

 

すぐに受診が必要な赤ちゃんの嘔吐と症状

こういった症状を伴うときはすぐに受診してくださいね。

  • 高熱がでてぐったりしている
  • 10分~30分間隔で激しく泣き、血便が出る。
  • 緑色のものを吐いた
  • 頭を強く打った後に吐いた。
「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る