出産育児一時金とは?これで出産にかかる費用の大半がまかなえる!

出産後にお金がもらえる方法は次の3つの方法があるんです。

  • 「出産育児一時金」
  • 「出産手当金」
  • 「出産祝い金」

 

このページでは、出産育児一時金について触れてみました。

「スポンサードリンク」

 

出産育児一時金とはなんぞ?

出産育児一時金とは病院への支払いに直接当てられる給付金で、

妊娠4か月以上の赤ちゃん1人につき42万円が支払われる制度です。

「赤ちゃん1人につき」ですから、双子の場合だと×2倍もらえるわけですね。

 

まあ、難しいことはなしにしてパッと要点だけまとめてみました。

 image

出産育児一時金がもらえる人の条件とは?

出産育児一時金が貰える人の条件は、

健康保険、国民健康保険などに加入している女性が妊娠し、

お腹の赤ちゃんが85日(妊娠後4か月以後)になると一時金の給付が認められます。

なお、保険は扶養している夫からの申請も可能です。

 

出産育児一時金の受け取り方法は次の3つ

  • 出産後にお金を請求する(一時的にまとまったお金が掛かる)

出産にかかった費用を病院の窓口で自分で支払い、退院した後で申請書を出すという方法ですので、まとまったお金が一時的にですが必要です。

「スポンサードリンク」

 

まとまったお金が要らない「出産育児一時金直接支払制度」と「受取代理制度」

  • 出産育児一時金直接支払制度(まとまったお金が要らない)

健康保険組合などから直接、病院に42万円が支払われます。

ですのでこの場合、あなたが退院時に窓口に支払うべきお金は

「一時金を上回った差額だけ」です。

普通分娩の場合だと、45~50万円の出産費用が掛かると言われてますから、

3~8万円ほどの支払いで済むんですね。

 

  • 受取代理制度(まとまったお金が要らない)

受取代理制度とあるますが手続きは本人がします。

でも、病院が本人に代わって受け取るので、

こちらもあなたが支払うべきお金は

「一時金を上回った差額だけ」となります。

コチラの場合、対応できる病院と出来ない病院があり、

「事前申請」が必要となります。

 

出産育児一時金の申請方法(給付の流れ)

申請に必要な書類

  • 出産育児一時金申請書
  • 医師・助産院の証明、もしくは市区町村の証明

などが条件によっては必要です。

 

では、どういった給付の流れになるか見てみましょう。

 

給付の流れ

①会社や市区町村役場から出産育児一時金の申請書をもらう。

↓ ↓ ↓

②「出産後にお金を請求する」を選んだ場合、

病院で申請書に必要事項を記入してもらう。

「直接支払制度」を選んだ場合、

病院に手続きを依頼する。

↓ ↓ ↓

③「出産後にお金を請求する」を選んだ場合、

42万円があなたに支払われる。(その前に病院へのまとまった支払いが必要)

「直接支払制度」を選んだ場合、

出産にかかったお金の差額を受け取る、または、支払う。

 

 

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る