最適な住宅購入時期、マンションと一軒家の『相違点』を簡単まとめ

結婚して、子供ができて、子供の進学で、
と、住宅購入はタイミングが様々で、『いつかは…』と思いながら高い買い物なので決めきれないものですね。
住宅を購入するうえで、どういった点を考えるべきか?
買い時はいつなのか?
購入を検討している方々はどんなことで悩んでいるのか?
高価な買い物なので、間違わないようにポイントを整理しまとめてみました!

一般的に多い購入時期は?

・幼稚園入園前(0〜2歳)
・小学校入学前(3〜5歳)

この二つがやはり多いみたいですね。
基準は『子供の成長に合わせて』ということでしょう。

理由としては、
・子どもが幼稚園に入る前にしっかりとした環境を整えておきたい
・ローンの返済を早い時期に終わらせたい
といったものが多いようです。

ただし、地域によっては購入時期はまちまちのようですね。
都市部はやはり土地の値段も高く、頭金を準備するために夫婦共働きで資金を作ってから〜
というのが多いようですが、地方であれば都市部よりも比較的安く購入できるため、
結婚を機会に即購入ということもあるようです。
まずは購入検討している地域の『相場』を知ったうえで、いつまでに準備したいと逆算していくといいでしょう。

マンションと一軒家の相違点は?

購入はしたいけど、マンションと一軒家はどっちがいいのか?
都市部ではやはりマンションが多いのか?
地方は土地もあり一軒家?
悩ましい問題ですが、少しまとめてみました。

  • <マンションのポイント>
    マンションを選ぶ人は、
    「段差のないバリアフリー」
    「防犯・防災面の安全性」
    「生活の利便性」
    「管理などの手間が少ない」

などを理由にあげる人が多いようです。

これもなんとなく納得ですね。
何十年も住む家で、老後の自分たちを想像すれば段差のない家で、できれば階段を使いたくないですね。
また、マンションならオートロックは当たり前で、入り口に管理人が常駐してくれているところもあり、
子供さんがいらっしゃる家庭には防犯面で心強いでしょう。
そして修理に関しても毎月『修繕管理費』を積み立てることで、管理会社が修理してくれるので、自分でやる手間はありません。
一方、『共益費』『駐車場代』という点で、毎月のローン以外にも費用が掛かってくるのは難点かもしれません。

「スポンサードリンク」
  • <一戸建てのポイント>
    一戸建てを選ぶ理由には、
    「音を気にしなくて良いこと」
    「ペット飼育ができる」
    「庭いじりが自由にできる」
    「自分の城」

などがあるみたいですね。

子供が小さいうちは周囲への音や声が気になりますが、一戸建ては独立しているため、音の問題ではメリットがあるといえるでしょう。
ただし、一戸建てでも壁がそれほど厚くない建物や隣の家が近接していて、生活音が聞こえることもあるので、周囲への『配慮』がなくなることではありません。
ペットに関しては自分で決めれるので、種類や大きさに関係なく、好きなペットを飼うことができます。
今はペット可のマンションも多くなってきてはいますがね。

建売と住建付設計

では一軒家ではどういったものが多いのか?
多いのは『建売住宅』ですが、これは不動産業者が土地を買い付け、施工会社が施工を請け負い、
『住み心地』や『使い勝手』より、『売れる』ことを最優先にしている住宅と言えます。
区画内に同じ住宅がいくつも並んでいるのをよく目にしますよね。
デザイン的には万人受けをする無難な造りが多いと思います。
利点としてはやはり値段が比較的安いということでしょうか。

一方、構造にこだわりがあり、要望通りに造りたい方は建売住宅よりも、
土地だけを購入し、建物を施工会社と一緒に造っていく『条件付設計』があります。
素材や部屋数(3LDKにするか4LDKにするか)などを自身で決めれることが最大の利点ですね。
自身で造ったたった一軒の家になるでしょう。
まさに『自分の城』ですね。
ただ、建売住宅より値段がやや高いかと思います。
高いにはそれなりの理由があるということですね。

まとめ

購入時期ではお子さんが『入園・入学』を迎える時期に合わせることが最も多いです。
地域によっては結婚したと同時にというのもあるようですが。

手間いらずで防犯面などの設備が充実しているマンションか、
やはり自分たちだけの環境で暮らせる独立した一軒家なのかは、甲乙つけがたいですが、
ここは好みが強く出る部分でしょう。
こだわりという点では一軒家のほうが自分たちで設計もできる『条件付設計』などの住宅もあるので、
一から創り上げるという方には向いているかもしれないですね。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る