新年は「書初め」から?小中学生に合った縁起の良い四字熟語をちょっとだけご紹介

そもそも書初めとはなんでしょう?
幼稚園の頃には書いたことを覚えていますが、今ではめっきり…
皆さんもそうだと思いますが、新年なので何かをスタートさせたい!と思いますよね?
それもできれば気持ちよく!
気持ちの切り替えにも「書初め」は大切かも?
そんな中身を簡単にまとめてみました。

そもそも書初めとは?

由来として新年2日を一年の事始めとし、
「その年の心構えや抱負などを書き記し、精進するとうまくいく」
というものが本来の意味合いのようです。
これは何となくわかりますが、実は正月元日ではなく、開けた2日に行うもののようです。
新年にスタートしたものは気持ちよく継続できそう(?)な気がしますので、一度決めたことはぜひ継続したいものですね。(我が夫に捧ぐ 笑)

縁起のいい書初めはどんな文字を書く?小学生と中学生の場合

その年の事始めでもある1月2日にはどんな字を書くことが適しているのか?
小学校などでは新学期に授業の一環で書いたりもするでしょう。
もしかしたらご家庭でも。

書く文字にこれといった決まりはありません。
要は書きたい文字を習字で書くというシンプルなものです。
ただし、正月2日からその年の心構えや抱負など書く「書初め」は1年を占うといっても過言ではありませんので、
「つよい気持ち」が何よりも必要ですし、そういった心を持つことが大切なのです。
具体的には「勢い」のある字や、縁起のいい字などが適しているようです。

以下は参照です。
個人的には新年だからこそ初志貫徹などはいいですね!

初心貫徹(しょしんかんてつ)
最初に決めた志を貫き通すこと

千客万来(せんきゃくばんらい)
多くの客が入れ替わりひっきりなしに来て絶え間がないこと

「スポンサードリンク」

一刻千金(いっこくせんきん)
わずかな時間が千金にも値するということ

切磋琢磨(せっさたくま)
友人同士で学問や武芸を磨き上げること

有言実行(ゆうげんじっこう)
言ったことをやり遂げること

というように普段聞きなれない四文字熟語などもこのときにはいいでしょうね。
小学校では特に下の2つなど使えるのではないでしょうか?

書初めの書き方

習字で行うものなので、慣れていないと毛筆のコツがつかめないかもしれません。
個人的には小さいころから習字を習っていたのでまったく苦ではありませんでした。

毛筆で書くポイントですが、
まず何よりも書き初めは勢いよく書くのが大切です。
気持ちがそのまま字として表れてしまうのが「習字」なので、悩んでいたり・考えていたりしていては字格好が変になったりします。
一度筆を置いたら勢いよく書くことが大事!

でも、バランスも重要で、例えば習字の基本は「縦のラインは太く、横のラインは細く」書くと見栄えが良くなります。

普段使っている鉛筆よりも大きく太い筆を使うので、脇を締めずに開いてバランスをとるように書くことが大切です。
脇を締めて筆を動かすと、腕の可動域が下がるので字体が小さくアンバランスな字になる場合があります。
また、肘から筆先まで固定させ筆を動かしていくことも大切です。
手首のスナップなどをきかせるような書き方はNGなのです。
少し窮屈に感じるでしょうが、これは慣れなので上半身、特に利き腕全体で書くイメージを持ちましょう。

新年の始まりをどんな字で飾りましょうか?
ぜひ来年はやってみてはいかがでしょうか?

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る