年賀状はいつまでに出す?投函期限を過ぎた場合はどうする?

年末は新年の始まりですね。
クリスマスで忙しくなってきますが、
年賀状の作成も同時にやらないといけないので、年末は非常にタイトです。
私も毎年PCで年賀状をデザインし、業者に発注しています。
デザインを決めるために写真を選んだりといろいろやることが多いです。
年賀状を出す期間などを簡単にまとめてみました。

新年の挨拶はしっかり期間中に提出しましょう

やはり年賀状は元旦に手元に届けられれば嬉しいものですね。
そのためには逆算して準備をし、投函をしないといけません。
元日に届けたいならいつまでか?
一般的に言われるのが12月25日のクリスマスまでですね。
この期日というのは郵便局の年賀状ニュース(?)でもあるように、
毎年12月25日が確実に元旦に届けるための期日になっているようです。
まずはこの期日をしっかりと守って準備をしていきましょう。

12月25日を過ぎての投函はどうなるの?

郵便局では12月26日〜12月28日の間の投函も「可能な限り元旦に届けます」というのを見たことがあります。
これはどうやら投函先の住所が近ければ元日も可能で、遠方の場合は不可というもののようです。
また、遅れたとしても「松の内」までに届けば失礼にはならないでしょう。
だからといって遅れても大丈夫とは言えませんが、一応の期間は把握しておいた方がいいでしょう!

「スポンサードリンク」

社会人になると当然年賀状でのやり取りは多くなるかと思いますが、仕事始めは一般的に1月4日あたりが多いため、
やはり仕事始めまでには届いてほしいですね。
仕事始めに「年賀状が来ていない」と上司から言われる事のないようにここもやはりしっかりと準備をすべきでしょう!

もし松の内(1月7日)を過ぎてしまったら

上記に紹介してきたように、遅くとも1月7日までには礼儀として年賀状が届くようにしておきましょう。
逆に松の内が終わった1月8日以降に年賀状で新年の挨拶をするのは失礼に当たるので避けたほうがいいでしょう。
1月8日以降に出す場合は「寒中見舞い」として新年の挨拶をするべきです。
これも知らずに年賀状で出してしまうと「常識のない人」と思われがちですね。
年賀状期間と寒中見舞い期間をしっかり把握して、人間関係を円滑にしていきたいですね!

慌ただしい年末年始に入っていきますが、
年賀状は新年の大事な恒例行事なので、しっかりと外さないように、また失礼のないようにしていきたいものですね。
ぜひこういった対策でしてみてください!

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る