寒中見舞いの書き出しと時期

寒中見舞いの役割

寒中見舞いは、これからの季節にやり取りをする便りの一つです。
ご存じのとおり、一年の中で最も寒い季節を迎るので、普段からお世話になっている方々に『寒中見舞い』という手紙やはがきで相手の近況や、
こちらの近況などを伝える一種の文通みたいなものでしょう。
さらに、この寒中見舞いには、喪中の方に年賀状の代わりに挨拶状として使うこともあるようです。

寒中見舞いを出す時期

では寒中見舞いを出す時期はいつが適切でしょうか?
寒中見舞いは、松の内(1/1〜1/7)があけてから立春までの間に出すのが通例のようですね。
『もっとも寒い時期』に出すといった感じでしょうか?

そしてこの『立春』の時期を過ぎてから出すものが『余寒見舞い』というものです。
意味合いとしては、春になってもまだ寒さが残っていると言う意味のようで、『余寒見舞い』というものになるようですね。
『寒中見舞い』を出し忘れても安心ですね。

「スポンサードリンク」

書き出し文章

寒い冬を過ごす相手を気遣う文章が基本的なものです。
良く使われるあいさつ文章としては、
「◯◯様におかれましてはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます」などが一般的ですね。

本文の流れとしては、

㈰まずはお礼の言葉を述べる

㈪用件や気持ちを伝える部分(なるべく具体的に書きましょう)
※おつき合いや支援をお願いする言葉

【例えば】
「これからも御指導のほどよろしくお願いします」
「変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます」などですね。
普段使わない言葉なので参考までに。

㈫結びの挨拶
※最後まで相手のことを考え、体調などを気づかう言葉がいいでしょう。
無難なのは、
「ご健勝とご活躍(ご発展)をお祈り申し上げます」などですかね。

この文章は何も寒中見舞いに限ったことではないですが…

普段は使わないような形式ばった文章が多いですが、
年に一度のこの季節にしか出せない季節の便りなので、今年はされてみてはどうでしょうか?

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る