子供の自転車の選び方でサイズに迷うこと簡単まとめ!

今日、長男の自転車が到着しました。

現在4歳の長男にそろそろと思い、自転車をプレゼント!
いままでペダルなしのストライダーのみでしたが、今日ようやく自分も足で漕ぐ実感を覚えました。
購入するにあたり、いろいろと子供自転車を見ましたが、
色と値段で決めました。
同年代のお子さんを持つ方も最初の買い物はやはり迷うと思いますので、
実体験ですが、参考になればと思います。

先のことも考えた自転車購入

まず悩むのは、『いつ頃まで乗る自転車』なのか?ということでしょう。
14インチなのか?16、18?
考え方は様々で、男の子と女の子ではまた違ってくるかと思います。
私は相談した結果、現在ではかなり大きい18インチを購入しました。
調べてみると、18インチは身長103〜125cmで、年齢4〜8歳が対象です。
ちょうど幼稚園〜小学生低学年あたりですね。
幼稚園の友人に聞いてみても、4歳男の子では16か18が多く、
『小学生になっても乗れるモノ』という見方が多かったですね。
たしかに安い買い物ではないので先々のことまで考えるべきでしょう。

ただし、大きすぎるものは禁物だと思います。
同じ4歳の子でも体の小さい子なら無理せずあった16インチでも構わないと思いますので、
くれぐれも無理をしないようにはしましょう。
『すぐ成長するし』は禁物ですね。

「スポンサードリンク」

実際に試乗できればベスト!

上記のように、数年先を見据えての買い方が多いかと思いますが、
今はネットで自転車も販売しているので、無理して店舗に行かずとも、購入できてしまいます。
しかし、やはりここは一度試乗できるのに越したことはないと思います。
我が家も近くのサイクルショップ『あさひ』に下見した際、試乗をし、足のつま先が着くか着かないかは確認しました。
ここは事故を起こさないためにもしっかり押さえておきましょう!
体に合ったものを選ぶのは一番大切なことです。
一度試乗し、値段もチェックしてからネット検索で同じ型を探すと案外安く手に入ることがあります。
少し手間ですが、一度やってみてもいいかもしれません!

自転車購入前にしておけばベターなこと

これは個人的意見ですが、どうしても飲み込みの早い子と、そうでない子はいるかと思います。
自転車はそれが強くあらわれるものかもしれません。

なので、2歳頃からペダルなしの『キックバイク』をさせてみてもいいかもしれません。
もっとも有名なのは『ストライダー』で、各地で大会も開かれているくらいです。
このいい点は、自転車に乗るバランス感覚を早い段階で身につけれるところでしょう。
我が家もおかげ(?)で、なんなく乗りこなし、最初から補助輪なしで乗れるようになりました。
結果、自転車が好きになり成長も早くなると思います!

子供にとって、新しい出来事の一つである『自転車デビュー』を苦い思い出にしないためにも、
正しい選び方と、可能なら事前の準備等で楽しい思い出にしてあげたいものですね!
参考にしていただければ幸いです!

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る