加湿器のタイプや種類を比較、簡単まとめ!

乾燥がすすむこの季節にありがたいのが加湿器ですね。
いまはいろいろなモノが出ており、空気清浄機と一体になっているものもありますね。
特に小さいお子さんがいる家庭ではウイルスの予防に一役買ってくれる加湿器は必需品なのでは?
といったところで、簡単な加湿器の特徴をまとめました!

ご存じだったでしょうか?
加湿器には3つの種類があるようです。

スチーム式

形態としてはお湯を沸かし、蒸気で加湿していくものです。
もっとも一般的と言えるでしょうか?
特徴としては、まずは加湿能力が大きいこと。
蒸気をあげて部屋中を加湿しますので、広い範囲まで行きわたることができます。
ただし、商品の中には低パワーのものもあるので(特にペットボトルなどを挿して加湿するタイプ)、
特にコンパクトなものはリビング一帯を加湿するには足りないでしょう。
やはり部屋全体となればある程度のサイズが適しているでしょうね。

次の特徴は衛生的であること。
使用しているのは『水』のみなので、当然ですね。
かりに、水の中に菌が入っていたとしても、熱されるので死滅(?)してしまいます。
この点は小さいお子さんのいる家庭などには勧められます。
ただし、熱せられたお湯や、蒸気の噴出口は熱くなっているので気を付けた方がいいでしょう。

超音波式

水を超音波振動によって細かくし、それをファンによって吹き出すという方式です。
霧吹き(?)に近いかもしれませんね。
超音波の音もほとんど気にならないくらいなので問題はないでしょう。
消費電力も小さく、毎月のコストもそんなにかからないようです。
ちなみにスチーム式は電気の力で水を熱するので、常に電気代がかかるという点はデメリットと言えるでしょうね。

「スポンサードリンク」

デメリットとしては、スチーム式の反対で、汚れた水などでもそのまま霧状にして吹き出してしまうので『不衛生』であるということです。
キレイな水を使えば?と思われるでしょうが、どうもそうはいかなく、
ミネラルウオーターを使用したとしても、そのミネラル分のみが出て行ってしまい、それが部屋中に拡散してしまい、それらが付着した際には白く曇ってしまうようです。
特にテレビ回りなどの静電気を帯びているところは多いようですね。
コスト面や加湿パワーも強く好まれるかもしれませんが、この成分的な点が引っかかるかもしれません。

気化式

一般的には海外製品が多いようです。
たしかにこのタイプを電気屋で見たことはあまりないかも?
海外製品なので、デザインがオシャレであったり、スタイリッシュなものもあるようです。
メーカーで言うとベンタ、ボネコが2大勢力となっています。
日本製だと三洋があるみたいですね。

特徴としては、安全であるということでしょうか。
スチーム式の様に熱くはないし、音波式の様にミネラル分やバイ菌が吹き出されることも少ないようです。
フィルターを使用しているので、こまめな掃除が必要ということ。
汚れがたまっていると、フィルターにカビなどが発生してしまい、結局汚い蒸気が噴出されることになります。
フィルターを通しているので、空気中のゴミや花粉などをキャッチしてくれ、上記で紹介したタイプよりも『空気清浄』を兼ねている点もあるかもしれませんね。
もちろん、空気清浄機のパワーには比べ物にならないのは言うまでもないでしょう。
また、吸えば吸うほどフィルターが汚れるので、掃除の頻度は多くなりそうですね。

そして加湿能力が弱いのも特徴でしょう。
もうひとつはファンの音がうるさいということです。
低いパワーで運転していれば問題ない(?)かもしれませんが、それでは効かないかも…

いかがでしょうか?
帯に短し、たすきに長しといった感じですかね。
組み合わせてもいいでしょうし、子供さんがいる家庭ではまずはお子さんが危険な目にあわないモノのほうがいいかもしれません。
各部屋でも使い分けしてもいいかもしれませんね。
ぜひ参考にしてみてください。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る