レジャーに最適な『寝袋』を比較!

行楽シーズンに突入したこの季節、いろいろなレジャーに出かけられる方も多いかと思いますが、
やはりキャンプや登山は王道でしょう!
そこでどうしても外せないのが『寝袋』です。
キャンプに行ってもテントの中で布団をかぶるわけにはいきませんし、車中泊も雰囲気が壊れますよね。
これからレジャーを始める方にもわかるように寝袋を比較してみました。

寝袋には『封筒型』と『マミー型』がありますが、
一般的によく耳にするブランド名「コールマン」で多いのが『封筒型』ですね。
一方、『マミー型』で有名なら「モンベル」と「ナンガ」です。
どちらも名前が通っているのでやはり王道と言えるでしょう。

コールマンはしっかりとした作りの割りに「値段が安い」というのが特徴のようで、
(特にインターネットで買うと更に安い)
モンベルは「寝心地がよい」とのことです。
それぞれに特徴がありますね。

「スポンサードリンク」

『封筒型』の良いところ


・普段使用する布団に近い
・圧迫感が少ない
・比較的価格が安い

いまいちなところ

・少し重い
・収納時に大きくかさばる
・寒冷地には不向き

『マミー型』の良いところ

・コンパクトに収納
・軽い
・寒冷地に向いている

いまいちなところ
・寝ているときの圧迫感が少しある

また、中身の素材にも違いがあり、使いやすさや寒冷地向きなどがあるようです。

『ダウン素材』の寝袋はこういったことにオススメです。
・バックパッカー
・登山でテント、山小屋などに泊まる人
・自転車旅行をする人
・バイク旅行をする人

ご存じのとおり、ダウン素材はあたたかいので、寒冷地向きと言えるでしょう。

一方、『化学繊維』の寝袋は、
・車中泊をする人
・購入費用を抑えたい人

といった具合なので、手軽に済ませたい方、初心者向けと言えるかもしれませんね。

一口に『寝袋』と言っても千差万別、ぜひ参考にしてみてください。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る