バレンタインチョコ選びにゴディバの商品だったら本命にはどれ選ぶ?

一応、断っておくけど私は2児の母。

今ではバレンタインチョコにはほとんど無縁(悲)

でも、わたしが高校生だった当時だったらどんなチョコを贈るかな?と想いながら書いてみました。

手作りも良いかな〜とも思いましたが、私は手作りチョコで苦い思い出があるので・・・。

 

さて、世界的に有名な、ベルギーで1926年に創業した高級チョコレートメーカーのGODIVA(ゴディバ)、どの商品が人気があるのかを検証してみました。

バレンタインデー前にぜひチェックして。

 

高級感があって大人気の、深い味わいのチョコレート。ゴールド コレクション

チョコ

 

パッケージから高そうな感じで金と黒のデザインと、

味も濃厚で繊細なフォルムが美しいんだとか。

ゴールドのエレガントなパッケージのデザインなので、かなり気持ちよい感じです。

ゴディバ(GODIVA)ゴールドコレクション8粒で、税込 ¥2,160なのでお求め安い価格です。

ぜひ本命の彼氏に おすすめのチョコレート。

スタイリッシュなゴールドのパッケージに詰め合わせたゴディバ定番のチョコです。

「スポンサードリンク」

ゴールドコレクション12粒、税込 ¥3,240です。

 

トリュフ アソートメントも人気のシリーズ

 

伝統もあり、常に最高品質を提供してきたゴディバ伝統のトリュフ、時代に合わせた技術や原料を用いた理想の味わいでかなり美味しく食べることが出来、バレンタインシーズンではいつも人気のあるのがこのトリュフ アソートメント。華やかなブラウン×ゴールドのパッケージが特徴です。

 

ゴディバ(GODIVA)トリュフ アソートメント6粒は、税込 ¥2,484です。やはり高級品ですね。バレンタインデーのみ出費できそうな値段です。さまざまな食感で豊かな風味が織り成すチョコレートばかり、ひと粒ひと粒の個性が際立っています。贅沢なトリュフでゴディバでも人気のシリーズ。

 

 

 

カレ アソートメントも人気でプレゼントに最適

 

シンプルで、リーズナブルにゴディバを食べることが出来ます。クオリティの高さも十分で、チョコレートへのこだわりが際立つプレーンなチョコレートなのです。薄いスクエア型の、スタイリッシュなパッケージ。

ゴディバ(GODIVA)カレ アソート9枚でちょうどよいサイズ。シンプルだからこそクオリティの高さが際立つプレーンチョコレートなので高級感もたっぷりあります。ミルクと、50%ダーク、72%ダークの3種の薄型チョコレートの詰合せをチョイスする事が出来て税込 ¥1,188です。 

 

まとめ

身近な方へのちょっとしたお礼にもOK名チョコレートで挨拶名ででもプレゼントできます、ご自身へのごほうびに最適でもあり、もちろん彼氏へのバレンタインデーでも喜ばれること確実です。

 

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る