懐かしの「大人のお菓子」チョコレートボンボンって今時どこで買える?

 

チョコレートのお菓子では様々なものがありますが、
少しクセがある「大人のお菓子」はウイスキーボンボンではないでしょうか?
ウイスキーをかたどったチョコの中に少量のウイスキーが入っているものです。
小さいころから何度か食べたことがありましたが、そのころはおいしくないと感じていましたね(笑)
年を重ねていき、食べれるようになりましたが、個人的にはチョコとウイスキーは分けて食べたいかも…。
そんなウイスキーボンボンに関して簡単にまとめてみました

ちなみにウイスキーボンボンを食べながら運転すると一応飲酒運転になるらしい・・・。

ウイスキーボンボンとは?

私が小さいころからよく見かけていた洋酒入りのボンボン菓子です。
ウイスキーの形をしているので、見た目もユニークですよね。
独特の味から根強いファンが多いようで、おみやげとして売られていることもあるようです。
歴史的には1970年代に隆盛を極めたようですが、現在では規模、人気ともに低迷状態にあるようですね。
私は結構好きだったんだけどたしかに最近購入したことはあまりないような?

子供も食べて大丈夫なのか?

ではこの洋酒であるウイスキーは子供でも食べてもいいのでしょうか?
私も小さいころから気になっていました。
酔っぱらったりするの?
などです。

結論的には、食べても大丈夫で、法律違反にはなりません。

「スポンサードリンク」

簡単に言うと、酒類については基本的に「アルコール分が1度以上の飲料」と定められているようなので、
食べることに関しては問題ありません。
なので、未成年や子供が食べても問題はないのです。

ただし、本物のウイスキーであることは間違いないので、
人によっては少量であってもウイスキーを飲んだ時と同じように、顔が赤くなったり、ボーっとすることもありえます。
子どもの場合だと、アルコールを分解する力が弱いため、さらにこういったことになりがちです。
子供の体はまだまだ未発達なので、アルコールの影響を強く受ける場合があります。

こういったことから、食べること自体は禁じられているものではないですが、
子供が進んで食べるものでもないと言えるでしょう。
しっかりと気をつけてあげる必要がります。

どこで買えるのか?

スイーツブランドの「モロゾフ」では、定番チョコレートとしてボンボンを販売しています。
モロゾフは大抵のデパートの地下売り場で入っていますよね。
ということは買いやすいのでしょう。

また、ロッテは日本を代表するウイスキーの山崎12年のシングルモルトのウイスキーを、
期間限定で「シングルモルトウイスキーチョコレート(山崎12年)」を作り出したようですね。
これ以外にも、「山崎」に次ぐ人気のウイスキー「白州」をチョコレートでコ−ティングしたものも販売しているようです。
これらは日本ブランドで作っている点もあり、やはり根強いファンが多いのは言うまでもありません。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る