これからが怖いインフルエンザ症状と対策、感染経路を知れば予防できる

これからの季節に注意したいのがインフルエンザですね。
皆さん対策は万全でしょうか?
小さいお子さんがいらっしゃる家庭では特に注意をしてください。
また、気を付けていても幼稚園や保育所などでもらってきてしまいますよね…。
しかもそれが下の子供に移り、両親にも移りと…。
そうならないためにも対策が必要なので、ここでは一般的なインフルエンザの症状と対策をまとめてみました!

一般的なインフルエンザの知識

「インフルエンザ」は、ご存じインフルエンザウイルスによって感染する病気です。
一般的に普通の風邪よりもかなりきつい!
40度近くの高熱になること、筋肉痛などの節々の痛みも特徴的ですね。
あらゆる症状が一般の風邪より数段重く、薬もなかなか効かない(?)印象があります。
インフルエンザの症状が一般的に3〜7日間続いた後、治癒に向かうようです。
インフルエンザの怖いところは、気管支炎や肺炎も併発しやすく、最悪の場合脳炎や心不全になることもあるようです。
こういったことからインフルエンザは特に高齢の方には特に怖い病気なのです。

インフルエンザの特徴

潜伏期間 … 1〜3日
感染経路 … 飛沫感染
発症 … 急激に38度以上の高熱が出る(40度もありえる)
症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
療養期間 … 一週間程度

インフルエンザの「型」 よく聞く「型」ですが、ヒトに感染するインフルエンザウイルスには、A型・B型・C型の3つがあります。
特に注意が必要なのが「A型」で、一度かかると症状が重篤になる傾向があります。
また感染力が強く、世間的にも大流行を起こしやすいと言えるようです。
ニュースなどで聞く「新型インフルエンザ」というのも、このA型が多いです。
「B型」は、A型よりも症状が比較的軽く、大流行まではいかずに限られた地域で留まる傾向があります。
「C型」は一般的な風邪程度の軽い症状が多く、特に大きな問題はないのでしょう。

「スポンサードリンク」

香港A型とかいう地名を冠にしたものも出てきますが、
これは世界的に発症した数が多い国や都市などを表しています。
ここでもやはり「A型」というのをよく聞きますね。
ということもあり、ワクチン接種には「A型」「B型」が特に効果的です。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザウイルスは非常に強力な感染力があり、日本では毎年11月〜4月に流行が見られます。
感染経路として最も一般的なのが飛沫感染なので、世の中でインフルエンザが蔓延している時期は
まずマスクなどの対策が重要でしょう。
また、極力人込み(電車、バス)なども控えるなどして、できるだけ人との接触機会を減らすことも大切な予防の一つです。
うがい手洗いなどはいつも以上にしましょう。

これ以外にはやはり事前に摂取ができるワクチン治療ですね。
年齢によって多少違いますが、
・13歳未満は原則として、2〜4週間の間隔をおいて2回の接種。
・13歳〜64歳の摂取回数は医師と要相談。(1回〜2回が一般的)
・65歳以上の高齢者、過去にインフルエンザにかかったことがある人は、1回の予防接種でも十分な免疫力が得られるようです。

摂取から効果が現われるのはおよそ2週間後くらいで、持続期間は約5カ月間のようですね。
一度の摂取で今年一年を乗り越えれる(?)ということですね。
気になる摂取費用ですが、1回/約3000〜5000円程度と少し高いです。
高いですが、不安な方は年に一度のことなので摂取しておいた方がよいでしょう!
上記で紹介したとおり、「事前対策」が最も大切なので、まずは今日からできることを整理していってはどうでしょうか?

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る