お歳暮の常識、売れ筋商品!

年末に近づき、そろそろ世話になっている方への『お歳暮』がスタートしますね。
なじみの方々の顔を浮かべて、去年はあれを贈ったから今年は…
という具合に忙しくなってきますね。
そこで簡単ではありますが、お歳暮のマナーや金額などをご紹介いたします。

お歳暮の語源は?

お歳暮はご先祖様にお供え物を本家に持ち寄るという習慣が始まりとされているようです。
そしてこの習慣が今日ではお世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末にギフトを贈る、
その年を締めくくる行事となったようです。

お歳暮を贈る時期

気になるお歳暮を贈る時期ですが、地域によって異なるようで、

・関東では12月初旬〜12月31日
・関西では12月13日〜12月31日

上記の期間が基本的なのですが、当然贈る内容によっては時期は異なってきます。
正月用の生鮮食料品などを贈る場合は年末に近い方が喜ばれますし、親切ですね。

そして何より忘れてはいけないのは、そもそもお歳暮とは『暮れの季節のごあいさつ』です。
挨拶はもちろんタイミングが一番。
時期を逃さないようしっかり送りましょう。

「スポンサードリンク」

 

お歳暮にかけるお金はいくら?

お歳暮の価格の目安としては3,000円〜5,000円くらいのものが最も多いようです。
もちろん贈る相手によって価格は多少変わりますが、

・親戚、知人には3,000〜4,000円ほど、
・勤務先の上司などには5,000円前後、
・特にお世話になった方には5,000〜1万円ほど

といった結果のようですね。
いずれにしても、『感謝の気持ち』なので、相手が喜ぶギフト選びを心がけましょう!

お歳暮に贈りたいものリスト

「喜んでもらう事」を一番に…はわかってるんですが、なかなかどんなものを選んだらいいのやら…。
では最近の定番、流行商品を見ていきましょう。

・㈰商品券・ギフト券

・㈪ビール・発泡酒など

・㈫カタログギフト

・㈬ハム、ソーセージなどの肉類

・㈭洋菓子

のようですね。

好みは様々ですが、どの世代にも喜ばれる定番が多いですね。
そして日持ちしないものも入っているので、頂いたら『すぐに使えるモノ』も好まれるものでしょう。
そして、何より一番大切なのは『家族全員で』食べられるものが多いですね。
この冬のギフト選び、この中からどうでしょうか?

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る