お年玉のマナーと相場っていかほど?

正月準備も少しづつやっていかないといけませんね。
正月には家族で集まる方が多いと思いますが、
甥っ子や姪っ子にお年玉を渡す機会もあるでしょう。
こういった時にどのくらいの金額が妥当なのか考えますよね?
簡単にお年玉の「相場」をまとめてみました。

一般的なお年玉の「相場」は?

お年玉の相場はどうなっているのか。
やはり渡す以上は平等にしっかり渡したいものですね。
一番簡単なのは、渡す「ルール」を決めてしまうことです。
この年齢までは「年齢×1000円」を渡すみたいなふうに。
調べてみると一般的な家庭に多いお年玉の金額は、「年齢÷2×1000円」のようですね。
要するに「あげる相手の年齢×500円」が一般的な相場になるので、こうなっているのでしょう。

小学生くらいになってくると、しっかりとお年玉をあげないといけなく(?)なってくるので、
しっかりとした基準に基づいて行うべきでしょう。
できれば親族間で合わせていくと金額の違いが出なくていいかもしれませんね!

「スポンサードリンク」

お年玉を渡すとき・もらう時のマナー

お年玉を渡すときのマナーも大切です。
子供の時だけにお年玉を渡すのはマナー違反とされています。
貰った子供の親が、「きちんとお礼が言える状況」で渡す、というのがポイントです。
基本的な考えですが、親が知らないところで話がすすまないようにすることは大切ですね。

その子供が貰ったお年玉を隠したり、親に何も言わなかったということもあり得ることです。
こうなってしまうと、親はお礼を言うタイミングがなく、渡した側からすると、「無礼な親」となってしまいますね。
渡す方にもしっかりとした状況で渡すことが大切ということです。

また、もらったお年玉をすぐに開けないようにしておかないといけません。
貰った子供は興味本位ですぐに開けたがるでしょうが、そこはぐっと我慢させることが大切です。
これは当然マナー違反なるので、小さいうちからしっかりとしつけることが大切です。
開けるのは「家に帰ってから」と強く言い聞かせてもいいでしょうね。

もちろん、お年玉をもらったら際にははっきりとお礼を言わせることもお忘れなく。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る