おすすめ!この冬、雪化粧を見ながらの北海道温泉!

ますます朝夕の気温差が開いてきており、体調を崩す方もいるかと思いますが、
そんな寒い冬には『温泉』が人気かと思います。
特に日本人にはなじみ深く、関西に住んでいる私も城崎温泉や有馬温泉に行ったことがあります。
また、北海道に数年間住んでいたこともあり、冬は『雪化粧を見ながらの露天風呂』は格別でした!
全国に有名な温泉地は多々あるかと思いますが、自分のなかでの1位はココ!っていうのは誰しもあるのでは?
雪を見ながら絶景を楽しめる北海道の温泉をいくつか紹介させていただきます!

●登別温泉

知名度は全国区!
場所的には札幌から高速道路を使うと約2時間くらいで着きます。
新千歳空港からも札幌駅からもホテルによっては直通バスが出ているのが嬉しいですね。
地獄谷温泉が有名ですね。

ちなみに全国には流れていない道内だけのCMが『登別クマ牧場』!
その耳に残る台詞回しとインパクトから道民の常識として、マイナーながらもある程度の人気を誇っています。
温泉との2枚看板といったところでしょうか?

また、気になる気候ですが、
夏は当然避暑地として、7・8月の盛夏でも気温が25度を越える夏日はほとんどありません。
冬は気温の日較差が少なく、最低気温も-10℃以下になることはほとんどないのです。
簡単に言ってみると、北海道の中では比較的温暖で安定した気候で雪が少ないみたいですね。

●層雲峡
札幌から層雲峡までは高速使用で時間にして約2時間30分くらいでしょうか。
すこしかかるかなといったイメージですが、ここも屈指の温泉地です。

観光先としては、温泉以外にも『滝』が有名で、
流星の滝、銀河の滝など、断崖に並んでかかる2本の滝が有名です。

「スポンサードリンク」

調べてみると、
・流星の滝は落差90メートル、標高1000メートル、『直瀑』
・銀河の滝は落差104メートル、『分岐瀑』
となっていました。

このほか、ロープウェイに乗って紅葉をみたりもできますよ。

●定山渓
定山渓温泉は、北海道札幌市南区定山渓温泉地区にある温泉です。
「札幌の奥座敷」と呼ばれており、市内からちょっと行った先にあるところですね。

距離としては札幌市内から約25キロ程で、45分程度のドライブでしょうか。
ただし高速道路はないので一般道の利用となります。
ということは、渋滞などによく巻き込まれ、結果的には2時間も…ってなことも1度あった気がします。

近いという利点と『渋滞』といった問題は隣りあわせですかね…。
紹介している北海道の温泉地の中ではもっとも中心に位置しており、立地よし、観光よしといったところでしょう。

●洞爺湖

札幌から洞爺湖へは高速道路を使うと約2時間程度でしょうか。
一泊の温泉旅行では無難な時間でしょう。
市内を通っていくので、途中に市内観光も可能です。
上記にあげた温泉街と一番の違いは湖の近くということですね。
昨今では数年前に開かれた『洞爺湖サミット』も有名になりました。
湖を遊覧船でぐるっと観光もいいかもしれませんね。

●まとめ
これまでに挙げた温泉街は北海道の自然をフルに活かした全国的にも知名度のある(?)
場所かと思います。
温泉や景色、食事ままず間違いないかと思いますが、
これ以外にも宿泊料金が意外なほど安い!
もちろん北海道なので、旅行となれば飛行機が基本なので交通費は多少かかってしまいますが、
そこにしかないものは十分楽しめるのではないでしょうか?
ぜひ一度足をのばしてみてはどうでしょうか?

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る