『京都五山送り火』を見に行こう!気になる『混雑状況』を一挙大公開!

祇園祭見物の旅行中、私とお友達の話題の中で、祇園祭以外の京都の伝統行事にどんなものがあるかということが話題になりました。

京都の夏の行事と言えば、祇園祭、京の七夕(旧暦の七夕に開催)、六道参り、五条坂陶器市、鵜飼など1日に京都の様々な場所で祭りが集中することもあるほどにぎわいます。今回は祇園祭に次いで京都で行われる五山の送り火についてご紹介します。

五山の送り火ってどんな行事?

そもそも五山の送り火はお盆行事の1つです。一般的にお盆の行事というと、御盆の始まりの頃にあの世に帰ってきたご先祖様が返っていく時あの世までの道が分からなくならないように紙で作った燈籠の中にろうそくをともして入れて川に流したり、キュウリやナスの馬や牛を作ります。

それらとほぼ同じ理由で、京都の街を囲む山に火で文字や記号を焼き入れます。

ここでいつ「五山」とは京都市内を囲む金閣寺附近の大北山(大文字山)、松ケ崎西山(万灯籠山)、東山(大黒天山)、西賀茂船山、上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)です。大文字山には「左大文字」、松ケ崎西山(万灯籠山)に「妙」と東山(大黒天山)に「法」(二つ合わせて「妙法」)、西賀茂船山は「船形」(帆を張った船の形を焼き入れます)、上嵯峨仙翁寺山は「鳥居形」(鳥居の形を焼き入れます)が点火されます。

添加される時間はだいたい8月16日の夜8時から8時20分の間で銀閣寺近くの東山如意ケ嶽から始まり松ケ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)、上嵯峨仙翁寺山、金閣寺附近の大北山、上嵯峨仙翁寺山の順に点火されていきます。

「スポンサードリンク」

五山の送り火の混雑状況-その1道路事情―

五山の送り火の行われる8月16日は京都の市街地のあらゆるところで通常の道路が歩行者専用となります。具体的なエリアを2015年の情報を参考に見ていきましょう。交通規制の行われる時間は五山の送り火の8月16日、夜7時から9時の間です。歩行者専用道路は渡月橋、鴨川沿いの加茂街道、高野川近くの松ケ崎街道、鴨西通、馬橋周辺、広沢池周辺、車両の通行が禁止されるエリアは金閣寺周辺と銀閣寺周辺、蹴上周辺です。また、一方通行となる道路が一条通、清滝道三条交差点から嵐山本線、紫明通、蹴上周辺です。

以上の情報から気を付けるべきエリアは広沢池周辺と蹴上駅周辺は交通規制がありますので該当の時間の移動は避けるようにしましょう。

また、京都市街地を囲む山際の道路は何かしらの規制が行われていますので、もし当該時に移動するときは、市街地(特に今出川通りから京都駅前まで)は規制がほとんどありません。たった20分のことなので、移動しないのが一番なのですがやもおえずされる場合は京都の街の内側を通って移動しましょう。

五山の送り火の混雑状況-その2宿泊施設&五山の送り火見物注目スポット―

五山の送り火の名所とされているのが渡月橋など各所の歩行者専用道路です。特に渡月橋のある嵐山は京都で唯一温泉が湧いていることから通常期の倍の宿泊料金が設定されているにもかかわらず、8月15日、16日、17日の宿泊はかなり困難で1年前から予約を取る人(恒例行事として家族や友達と過ごす)もいるほどです。2016年の予約はもう不可能ですが、もし来年五山の送り火を見ようと計画されている場合はまだまだチャンスがあります。また、五山の送り火見物の有効な手段としてもう1つ挙げるとすれば、嵐山にアクセス可能な地域に宿泊し電車を使って見物する方法が一番リアリティのある旅行プランです。

特に京都市の隣にある嵐山観光列車でつながれた亀岡市には宿泊施設が沢山あります。候補の1つにあげると良いでしょう。

「スポンサードリンク」

関連記事

ページ上部へ戻る